経営用語4コママンガ

経営用語を4コマ漫画で解説します。

© 経営用語4コママンガ All rights reserved.

仮想記憶とは?


【仮想記憶とは】

WindowsなどのOSが持つメモリー管理機能のひとつで、ハードディスクなどの外部記憶装置をメモリーとして利用できるようにします。

多くのソフトウェアを立ちあげたりして、メモリが不足する場合などに利用されます。
そのかわり、ハードディスクはメモリよりスピードが遅いので、通常よりパソコンなどの動作は遅くなりがちです。

【関連知識で知っておきたいこと】

ハードディスク上の領域に実際にアクセスするには、メモリ上にその内容を読み込まなければならないため、物理メモリの中で現在使われていない領域との入れ替え(スワップ)がOSによって行われます。
これをスワッピングと呼びます。

また、仮想メモリの管理を一定の大きさの領域を単位として行う方式をページング方式、
プログラムやデータのまとまりごとに不定長の大きさで管理する方式をセグメント方式と呼びます。

関連記事

20134/13

成長ベクトル

【成長ベクトルとは】 企業は常に成長を求められます。その成長戦略を策定するに当たって、 自社の商品やサービスを成長させる手段を4…

マーケティング・ミックス~何を混ぜるの?

 マーケティング戦略は何かというと、マーケティング・ミックスの仕組みを作ることと言えます。それほど、マーケティング・ミックスを考える…

カニバリゼーション

【カニバリゼーションとは】  カニバリゼーションとは、自社の商品が自社の他の商品を侵食してしまう「共食い」現象のことです。 …

サードパーティ

他社のOSや機器などに対応する製品を作っているメーカーのことです。 「サード」は第三者という意味であり、当事者からは独立し…

カテゴリーキラー

[ad#ad-1sq] カテゴリーキラーとは、特定の商品分野のみを豊富に品揃え、低価格で提供する小売店業態のことです。 …

ページ上部へ戻る