経営用語4コママンガ

経営用語を4コマ漫画で解説します。

© 経営用語4コママンガ All rights reserved.

20128/8

平均の検定の種類


2標本の平均の検定には3種類あります。
 Z検定、t検定、ウェルチ検定です。 (ウェルチ検定は、ウェルチのt検定と呼ばれますが)

・Z検定
 Z検定は、(標本ではなく)母集団の分散が既知の場合に使われます。
(例)Z検定は、全国の生徒に同じテストを行い、
   各学校の成績がその中でどのレベルにあるかを調べるなどの
   母集団が完全にわかっている場合に用いられます。
 でも、母集団が分かっている場合は、あまりありません。
 つまりあまり利用されないということになります。
 つまり、正解の選択肢にはなりにくいと考えられます。

・t検定
 t検定は、標本が等分散の場合に利用されます。
 標本が等分散とは、母集団が同じことが考えられます。

 標本が当分散化どうかはF検定で確かめます。
 等分散でない場合は ウェルチ検定を利用します。

関連記事

20134/13

成長ベクトル

【成長ベクトルとは】 企業は常に成長を求められます。その成長戦略を策定するに当たって、 自社の商品やサービスを成長させる手段を4…

マーケティング・ミックス~何を混ぜるの?

 マーケティング戦略は何かというと、マーケティング・ミックスの仕組みを作ることと言えます。それほど、マーケティング・ミックスを考える…

カニバリゼーション

【カニバリゼーションとは】  カニバリゼーションとは、自社の商品が自社の他の商品を侵食してしまう「共食い」現象のことです。 …

サードパーティ

他社のOSや機器などに対応する製品を作っているメーカーのことです。 「サード」は第三者という意味であり、当事者からは独立し…

カテゴリーキラー

[ad#ad-1sq] カテゴリーキラーとは、特定の商品分野のみを豊富に品揃え、低価格で提供する小売店業態のことです。 …

ページ上部へ戻る